東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

ソメイヨシノも良いけど八重桜も見たい!八重桜のお花見をしよう♪

両岸に咲くライトアップされた桜

お花見の桜といえば、ソメイヨシノを思い浮かべる方が多いかもしれません。ソメイヨシノもとても美しい桜ですが、花びらが重なり合う八重桜も見どころがあります。それでは八重桜の開花時期や種類、東京で見られる場所を紹介します。

 

 

八重桜の開花時期はいつごろ?

 

多くの方になじみのあるソメイヨシノ。

その開花時期に比べると、八重桜は少し遅いといわれています。

全国の桜の開花予想では3月末から4月の始めごろとなっています。

ソメイヨシノが散る時期、4月中旬から5月が八重桜を楽しむことができる時期のようです。

 

八重桜の種類には、一葉(イチヨウ)や普賢像(フゲンゾウ)、関山(カンザン)や八重紅枝垂れ(ヤエベニシダレ)などがあり、さまざまな花びらの形をしています。

ふんわりとした丸みのある花びらは、独特の美しさがあります。

 

全国にさまざまなお花見ポットがありますが、そのなかに国指定天然記念物になっている八重桜があります。

奈良県では興福寺の奈良八重桜と東大寺内の知足院奈良八重桜が有名です。

ほかにも新潟県は梅護寺の梅護寺数珠掛桜、長崎県の大村神社と玖島稲荷の大村桜があります。

 

 

東京で八重桜が見られる場所は?

 

桜が舞うなか、クルーザーで川を進んでいる様子

 

東京でも八重桜を楽しむことができる場所がいくつか存在します。

 

新宿御苑(東京メトロ丸ノ内線新宿御苑駅、都営地下鉄新宿線新宿三丁目駅徒歩5分)

この場所は3月下旬から4月上旬までソメイヨシノの見ごろが終わると一葉、関山、普賢像などさまざまな八重桜を見ることができます。

ソメイヨシノも八重桜も見たいという方におすすめの場所です。

 

ソメイヨシノで有名な上野公園(JR、東京メトロ、京成線の上野駅すぐ)でも八重桜を見ることができます。

不忍池の周辺に一葉、ウコン、関山、普賢像、ギョイコウがあります。

精養軒前の大きな八重桜は記念撮影のスポットになっています。

また、お花見シーズンは夜になるとライトアップされるので、夜桜見物も楽しめる場所です。

 

お花見スポットとして知られている場所は、例年多くの人が集まります。

きれいに見える場所を確保するのは大変です。

混雑を避けて少し離れた場所から楽にお花見をする方法なら、クルージングがおすすめです。

アニバーサリークルーズなら、空調の整った船内から桜を見ながらのんびりとお食事をすることができます。

人数やご予算に合わせてご利用できますので、ぜひお花見の方法のひとつとしてご検討ください。

 

関連記事

人気のクルーザー