東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

【関東】団体旅行におすすめ!人気プランと決め方のコツ

団体旅行には、少人数の気心の知れた友人や家族だけの旅行とは違った難しさがあります。

団体旅行と言っても親子3世代や親戚、仲のよい家族同士のグループなどの個人的なものからサークル、社員旅行までさまざまです。
人数が増えれば増えるほど、行先や何をしたいかで意見がわかれ、頭を抱えている幹事さんも多いのではないでしょうか。

行先や企画がマンネリ化しがちな社員旅行はなおさら言えることでしょう。

 

参加者から見れば、自分で計画を立てずに済む、グループならではの体験ができる、費用を抑えられるなど団体旅行にはたくさんのメリットがあります。
何より、大勢の人と思い出を共有できるのは、団体旅行ならではの魅力です。

 

旅行中はいつもと違う気分を味わうことができ、その後のグループや職場の雰囲気も変わることから、団体旅行は注目を集めています。
1990年代には8割の職場で行われていた社員旅行も、2004年には4割まで減少しましたが、この10年は増加傾向です。

今回は関東で団体旅行におすすめの人気プランとその決め方のポイントについてご紹介します。

 

 

団体旅行にちょうどいい!みんなで楽しめる果物狩り

 

団体旅行にちょうどいい!みんなで楽しめる果物狩り

 

 

広い農園で果物を収穫して食べたり、お土産として持ち帰ることのできる果物狩りは、関東の団体旅行で特におすすめのプランです。品種の食べ比べができたり、フルーツを使ったお菓子を楽しめるところは特に人気があります。

 

社員旅行に果物狩りがおすすめな理由

果物狩りはみんな一緒に楽しめることが最大の特徴です。
社員旅行などで普段話したことのない人でも、フルーツを食べ歩きながら広い農園を回れば気まずい雰囲気になることもありません。

関東近郊では、春はイチゴ、春から夏にかけてはメロンやぶどう、秋は梨や栗、冬はみかんと年間通じて旬の果物を楽しめます。
ハウス栽培の果物の場合は、天候を問わず楽しめることもメリットです。

 

※果物狩りの注意点※
果物狩りの料金に含まれる内容は、農園ごとに違いがあります。お土産の有無や持ち帰り料金、食べ放題の時間などについて、事前に確認しておきましょう。

 

社員旅行で行く果物狩りの人気プラン

関東近郊には、東京から2時間以内と近く、日帰りもできる魅力的な果樹園がたくさんあります。

 

・世界遺産やグルメも楽しめる静岡県

イチゴ狩りで有名な静岡県は、山海の幸に恵まれたグルメの宝庫です。
イチゴと桜エビが同時に楽しめる春は特におすすめのシーズン。

富士山や久能山東照宮、世界遺産『三保の松原』など見所も多く、宿場町の散策や藍染めなど伝統工芸の体験を組み込むのもよいでしょう。

 

・山梨県で富士山を眺めながらワインを堪能

ぶどうの産地として知られる山梨県は、1年中果物狩りができる果物王国です。
日本最大のワインの産地で、実力派ワイナリーひしめく勝沼エリアは特に人気があります。
ぶどう農園では時期によって違う品種のぶどうを味わえるほか、シャインマスカットなどの高級品種をふんだんに使ったパフェやジュースも楽しめます。

女子会や社員旅行にはワインが試飲できるワイナリーもおすすめです。

 

・温泉とフルーツを同時に楽しめる福島県

福島県は関東から日帰りや一泊旅行におすすめのエリアです。
福島市西側のフルーツラインと呼ばれる地域では、6月のさくらんぼに始まり、桃、梨、ぶどう、12月上旬のりんごまで、半年間にわたり旬の果物を楽しむことが出来ます。

温泉と果物狩りが同時に楽しめる飯坂エリアもおすすめです。

 

 

自然を満喫!アクティビティも魅力のグループキャンプ

 

自然を満喫!アクティビティも魅力のグループキャンプ

 

グループキャンプとは、友人や複数の親子など大人数で行うキャンプです。
キャンプの魅力は何といっても自然の中で非日常感を味わえるところにあります。
いつもの料理もアウトドアで食べるだけで、おいしく感じられるものです。
調理やテント設営などを一緒に行うことで、メンバーの一体感も高まります。

自炊ばかりでは負担と言う方には、レストランやカフェのあるキャンプ場を選ぶという方法もあります。
温泉付きのキャンプ場は幅広い年代におすすめです。

 

キャンプ場の中には、若者に人気のジップラインやラフティング、40代以上におすすめのゴルフ、世代を問わず楽しめるサイクリングなど、魅力的なアクティビティプランが用意されているところも多くあります。
家族グループには工作教室やカヌーなど、親子で楽しめるアクティビティがおすすめです。

 

社員旅行にキャンプがおすすめな理由

関東で社員旅行といえば、行先はもちろん内容も施設見学と懇親会など毎年似たようなものになりがちです。
しかし、キャンプを取り入れることで、これまでにない新鮮な社員旅行が可能になります。

近年では直接的なコミュニケーションの手段として社内旅行や運動会などのイベントが見直されており、中でもキャンプは新しいスタイルの社員旅行として注目を集めています。

 

社員旅行で行くキャンプの人気プラン

関東には団体旅行におすすめのさまざまなタイプのキャンプ場があり、目的に応じて選ぶことができます。

 

・キャンプのいいとこ取りができるグランピング

グランピングとはグラマラスなキャンプという意味で、リゾート地で楽しむゴージャスなキャンプのことです。
ラグジュアリーなテントやおしゃれなコテージにはレストランが併設されており、ホテル感覚で自然を満喫できます。
テントタイプなら奥多摩や木更津、コテージタイプは観音崎や御殿場などがおすすめです。

 

・研修を取り入れた社員旅行として

ただの慰安旅行じゃつまらないとお考えなら、自然の中でストレスを解消しながらバーベキューなどでコミュニケーションをはかるキャンプはいかがですか?

チームビルディングなど研修プログラムを取り入れるのもおすすめです。
関東の社員旅行なら新宿からバスで2時間半の富士河口湖のキャンプ場などがあります。

 

 

団体旅行ならでは!特別な1日をクルーザー貸切で

 

団体旅行ならでは!特別な1日をクルーザー貸切で

 

せっかく団体旅行に行くなら、大人数ならではの体験がしたい!そんな方におすすめなのが、クルーザー貸切です。
貸切ならほかのお客さんの目を気にせず、思う存分盛り上がることが出来ます。

船上と言う非日常な空間で風景や夜景を眺めながら過ごすひとときは、とびきりの思い出となるに違いありません。

 

社員旅行にクルーザー貸切がおすすめな理由

関東にはお台場や日本橋、天王洲などの都心や横浜みなとみらい、赤レンガ倉庫などクルーザーの乗船下船に利用できる桟橋が集まっており、クルーザーの種類も参加人数に応じて選べます。
関東での日帰り団体旅行を考えている方には特におすすめです。

 

団体旅行では食事が楽しみのひとつ。
クルーザー貸切では、高級レストランに引けをとらない豪華なディナーや気軽に楽しめるBBQなど、さまざまなプランが用意されています。

 

船上では食事やお酒だけでなく、生演奏やショーなどを楽しむこともできます。
マリンスポーツなどのオプションも選べるので、グループに合ったオーダーメイドのプランが実現可能です。
クルーザー貸切なら、送迎バスや食事の手配からイベントの進行管理まですべてスタッフに任せられるので、幹事さんも一緒に楽しめます。

 

クルーザー貸切は、移動手段から食事、イベント会場などすべての費用が含まれており、コスパが良い点も見逃せません。
ゴージャスな気分をリーズナブルに味わえることも魅力です。

 

社員旅行で行くクルーザー貸切の人気プラン

関東のクルーザー貸切は大きく分けて東京湾クルーズと横浜港クルーズの2つがあります。

 

・船上パーティーにぴったり!東京湾クルーズ

東京湾クルーズはお台場近郊コースが定番です。
お台場からレインボーブリッジにかけて、夜景を眺めながら船上パーティーが楽しめます。
スカイツリーが見える隅田川北上クルーズも人気のコースです。
東京湾クルーズは、クルージングルートをオーダーすることもできます。
工場の夜景や羽田空港新滑走路の見学を組み合わせたプランもおすすめです。

 

・社員旅行にもおすすめ!横浜湾クルーズ

船上からの景色を眺めながら、横浜の定番スポットを巡るコースです。
100万ドルの夜景が楽しめるナイトクルーズはもちろん、マリンスポーツと組み合わせた昼間のクルーズも人気があります。
マリンスポーツと地中海式BBQが堪能できる八景島水遊びクルーズは、社員旅行にもおすすめです。

 

 

団体旅行、どう決める?考えるべきポイント

 

団体旅行、どう決める?考えるべきポイント

 

団体旅行で参加者に満足してもらうためには、予算内に収めること、誰もが参加しやすいスケジュール・テーマにすることが重要なポイントです。

 

団体旅行の予算

関東近郊の団体旅行予算は、1人あたり2万円から5万円以内で考えているところが多数。
旅行期間は一泊二日を希望する幹事さんが多いようです。

 

団体旅行のスケジュール

団体旅行は連休の多い9月から10月の出発が多くなっています。
中でも紅葉シーズンで秋の味覚が楽しめる11月の出発が人気です。
家族旅行が少なく新入社員が慣れた頃である6月も、出発の多い時期です。

 

テーマ選定のポイント

団体旅行の場合は、個人や少人数グループでは行きづらいところを選ぶのがおすすめです。
クルージングやキャンプなど、大勢で楽しめる企画を立てるのもよいでしょう。
事前にアンケートを取るのもおすすめです。

 

・社員旅行の場合

社員旅行は会社行事のひとつです。
単なる慰安旅行ではなく、社員がリフレッシュできて、明日からまた頑張ろうと思える内容を考える必要があります。
懇親会ありきではなく、一緒に体験できるプログラムを盛り込むことが参加者の満足度を高めるコツになります。

 

 

オーダーメイドのクルージングで記憶に残る旅に

 

 

団体旅行で幅広い年代の方に楽しんでもらうためには、参加しやすく誰もが楽しめる行先・プランである必要があります。

関東の団体旅行なら、移動距離が短く、都会ならではのゴージャスな体験ができる貸切クルージングはいかがですか?
料理や飲み物はもちろん、コースやオプションのアクティビティも、予算に応じて選べます。

 

クルージング貸切には団体の数だけプランがあると言っても過言ではありません。
海の上では騒音を気にする必要はなく、音楽を流しながらのイベントも可能です。

 

都内の高級レストランでディナーをいただくのと同じくらいの費用で、料理はもちろんイベントも楽しめます。
クルーザー貸切は、自分たちだけの空間のため、グループの個性に合わせた趣向が可能です。

 

関東で思い出に残る旅がしたい、いつもと違う社員旅行を企画したいと思う幹事さんは、ぜひオーダーメイドのクルージングを検討してみてください。

 

クルージングの無料お見積りはこちら

 

 

関連記事

人気のクルーザー