東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

クルージングの服装を考えよう!TPOに合わせて選ぶコーディネート

赤ワインで乾杯している男女

TPOは服装を選ぶ際によく耳にする言葉で、それぞれTime(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)という意味を持ちます。

クルージングではこの3点に注意して服装を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

時間帯によって選ぶ服装

 

クルージングはランチクルーズ、ディナークルーズと、昼に行われる場合と夜に行われる場合があります。もちろん、昼と夜では気温が異なりますから、過ごしやすいように服装も考えなければなりません。

 

昼のランチクルーズでは、日差しに映えるさわやかな色合いの服をチョイスしましょう。

また、落ち着いたカラーを選べば上品さも演出できます。

 

夜のクルージングでは、夜景に映えるカラードレスを選ぶと良いでしょう。夜は昼よりも少々気温が低くなりますから、女性は薄手のボレロがあると安心です。

 

 

素材選びには注意が必要

 

パーティードレスを着た女性の足元

 

クルージングならではの服装で注意していただきたいのは、ドレスやスカートの素材です。

デッキに出ると、風で裾の部分がめくれあがってしまうこともありますので、厚手でやや重みのある素材のものを選ぶことをおすすめします。

 

タイトスカートやフレア部分の広がりが控えめのスカートならば、風になびきにくく、クルージングに向いています。

 

 

船酔いに注意

 

パーティー会場のテーブルセッティング

 

クルージングの場合、締めつけるような服装は、船酔いの原因になってしまうこともあります。

冬場のクルージングはたくさん着こんでしまいがちですが、カイロなどで寒さ対策をし、少しサイズが大きめの洋服を選ぶことをおすすめします。

 

また、クルージングしながら食事をする場合、空腹で乗船する方も多いかと思いますが、少し食べておくことで船酔いを防ぐことができます。

 

クルージングはもちろんカジュアルでも楽しめますが、TPOを無視した衣装で恥をかいた、船酔いで楽しめなかった、というようなことにならないためにも、クルージングに参加する際は服装選びもこだわりたいですね。

関連記事

人気のクルーザー