東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

クルージングを思いきり楽しむためにマナーを知っておこう

東京湾のレインボーブリッジ

クルージングにもいくつかのマナーは存在します。マナーを知らないと存分に楽しめないばかりか、まわりの人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。この機会にクルージングでのマナーをしっかりと学びましょう。

 

 

クルージングの服装はどうしたら良い?

 

スーツ姿の男性

 

初めてのクルージングに、きちんとドレスコードを指定するべきか、カジュアルでも良いのか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

 

もし、記念日や特別なパーティなどでしたら普段とは違う非日常感を味わうためならきちんとドレスコードすることをおすすめします。

 

特にディナークルーズのような大人の雰囲気で楽しむクルージングでは、適度にドレスアップすることでムードが高まり、よりいっそう楽しめるでしょう。

 

逆に、会社の少しくだけた宴会や、気心の知れた仲間内のパーティなどではカジュアルな服装で参加される方もいらっしゃいます。

 

どのような目的でクルージングを利用するのかによって、服装を変えると良いでしょう。

「クルージング=ドレスアップが必須」というわけではありませんので、ドレスアップに抵抗がある方にも安心して楽しんでいただけます。

 

 

船上ならではの服装マナー

 

船の前を歩く2人の女性

 

カジュアルな装いの際、女性の場合はスカートよりも動きやすいパンツスタイルが良いでしょう。

どうしてもスカートをはきたいという方は、フレアが少なめなものや、タイトなシルエットで風にあおられにくいデザインのものがおすすめです。

 

また、潮風の影響で地上とは体感温度が違います。

肌寒くなったときのために、ジャケットやカーディガンなど羽織るものがあると便利でしょう。

 

髪型もくずれないようにまとめておくとGOODです。

普段髪を下ろしている方は、アップにするだけで非日常感や華やかさがでます。

すべての髪をアップにするのが難しければ、顔まわりの髪をまとめるだけでもスッキリした印象になり、風が強い日の写真撮影にも対応しやすくなります。

 

足元は、滑りにくいゴム底の靴がおすすめ。

高すぎるヒールや脱げやすい靴も避けたほうが無難です。

船に慣れていないと、少しの揺れでよろけてしまうことも考えられます。

安全のためにはもちろん、周囲の方に迷惑をかけないためにもマナーのひとつとして覚えておきましょう。

 

 

クルージングで気をつけるべきマナー

 

海を進むクルーザー

 

クルージングに出かける際、まずは集合時間を守ることが大切です。

参加者全員がそろってから出港となるため、事情があって遅刻しそうな場合は必ず連絡を入れるようにしましょう。

 

次に、食事のマナー。

特別に難しいものではなく、レストランとほぼ同じマナーが必要と考えて良いでしょう。

また、TPOに応じて、足音や声のトーンに気を付けましょう。

 

最後に、クルージングならではのマナーとして必ず守りたいことは、クルーズ中も停泊中も、海にゴミやものを投げ捨てたりしないことです。

 

このほか、指定の場所で喫煙することや、船から身を乗り出さないことなどを守りましょう。

これらのマナーはクルージングを最大限楽しむために押さえておくべき内容です。

マナーを守って快適な船のレジャーをお楽しみください!

 

関連記事

人気のクルーザー