東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

お月見に欠かせない食べ物とは?おいしい料理とともに秋の夜空を満喫!

テーブルに並べられた料理

 

秋を感じる季節の行事といえば、お月見ではないでしょうか。秋の夜長に月を眺めるひとときは、忙しい日常を忘れさせてくれるぜいたくな時間です。毎年、「お月見の日がいつの間にかすぎていた・・・」という方も今年は月と向き合う時間をつくってみませんか。大人数で集まるなら食べ物にもこだわりたいもの。少し豪華な料理やお酒を用意して、年に1度のお月見を楽しみましょう。

 

 

やっぱり定番の食べ物はお月見団子

 

お月見のときの食べ物としてまっさきに思い浮かぶのが、お月見団子です。

白くてまん丸とした定番の団子のほかに、地域特有の団子もあります。

愛知では、しずくの形をしていて、白、ピンク、茶色の3色セットが一般的です。

 

大阪では、白くて少し細長い形の団子にあんを巻いています。

愛知と大阪の団子は少し形が違いますが、どちらも里芋の形を模してつくられています。

なぜ里芋の形になったかというと、お月見の時期がちょうど里芋の収穫時期で、その豊作を祈願したためです。

 

一方、静岡ではへそ餅と呼ばれる真ん中がくぼんでいて、まるでヘモグロビンのような形の団子が売られています。

一説によると、徳川家康が幼少のころ、丈夫に育つようにとの願いから餅に「へそ」をつくり、そこにあんをのせて食べていたことが始まりといわれています。

 

ほかの地域のお月見団子を自分で再現したり、取り寄せたりして楽しむのも面白そうですね。

 

 

きれいな月を眺めるならクルージングがおすすめ

 

夜の海を周遊するクルーザー

 

お月見をイベントとしてしっかり楽しむなら、クルージングをおすすめします。

都会に住んでいると街の明かりで夜空の星や月が見えづらく、また高層ビルがあれば広い空を見ることが難しいです。

クルージングであれば、街の明かりが届かず高い建造物もない場所で、きれいな月を眺めることができます。

 

公園でお月見という手もありますが、せっかくならおいしい料理やお酒も楽しみたいもの。

アニバーサリークルーズのクルージングでは、和洋中の創作ケータリングをはじめ、豪華なビュッフェやBBQなども用意しています。

 

また、種類豊富なドリンクを楽しめるフリードリンクプランを利用できます。

食べ物を用意する手間を省けるのはうれしいポイントですね。

また、貸切なので周りに気を遣う必要もなく、友人や家族と気兼ねなく楽しめます。

 

きれいな夜空と豪華な料理で生涯忘れられない、すてきなひとときをお過ごしください。

 

関連記事

人気のクルーザー