東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

混雑しない!お花見の穴場スポット

スカイツリーと桜

桜が咲き始めると、いよいよお花見のシーズンです。人気スポットでのお花見は、場所取りはもちろん、食材や飲み物などの準備も大変になってきます。場所取りや準備も必要なく、手ぶらで人気スポットでのお花見が楽しめるとすれば、貸切クルージングではないでしょうか。

 

 

人気スポットでの場所取りは大変!

 

隅田公園や目黒川、千鳥ヶ淵公園、大岡川など東京・横浜には人気のお花見スポットがたくさんあります。

お花見のシーズンには美しい満開の桜を見ようと、毎年全国各地から人々が訪れ、大にぎわいを見せています。

お花見をするときに、まず大変なのは場所取りです。

必要な広さを確保するために徹夜して並ぶ人や、朝早くから出向く人も多いのではないでしょうか。

いざ場所を確保できても、トイレが遠かったり買い出しに不便だったりということもありますよね。

 

それが人気のスポットとなると特に大変で、場所取りだけでへとへとになってしまいかねません。

お花見をする会場を決めたらまずは下見をして、どの場所がきれいに見えるか、必要な広さは確保できるか、地面はでこぼこしてないかなどをチェックすると当日スムーズに動きやすいです。

 

ただし、下見までしていたのに別のグループに先に取られてしまい困った・・・ということもありますので、第二候補の場所まで選んでおくこともポイントです。

 

混雑が予想される人気スポットでの場所取りは、1人ではなく数人で行う方がスペースを確保しやすいでしょう。

 

 

お花見に必要な食材やアイテム

 

唐揚げ

 

お花見の目的はきれいな桜を見ることですが、おいしい食べ物や飲み物を準備していくと、さらに楽しめますよね。

 

お花見には、唐揚げやウィンナーなど手軽に食べられるものが最適です。

刺せるものはあらかじめ爪楊枝に刺しておき、おにぎりもひとつずつラップに包むといったひと工夫で、手を汚すことなくラクに食べられます。

スープや煮汁の多い煮物などの汁物は、人ごみのなかでこぼれてしまうと大変ですので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

 

またウェットティッシュや、ティッシュの代わりにキッチンペーパーがあるといざというときに困りません。

 

そのほかには、マジックを持って行き紙コップや紙皿には名前を書くようにしたり、ビニール袋もその場でゴミが分別できたり余ったものを入れたりできるので、多めに持っていきましょう。

 

余裕があれば、レジャーシートの下に敷く新聞紙や段ボールがあると保温効果もあり、おしりも痛くなりにくくなるので便利です。

 

夜にお花見をする場合には、カイロや懐中電灯などあると良いですね。準備を始める前に、当日調達するものや必要なもの、余裕があれば持っていきたいものをリストアップしておきましょう。

 

 

穴場スポットはクルージング!

 

隅田川をクルージングしながらお花見する様子

 

前述のように、人気スポットでのお花見は場所取りや準備が大変です。

今年は貸切クルーザーを手配して、場所取り不要で、しかも手ぶらで楽しめる「お花見クルージング」はいかがでしょうか。

 

アニバーサリークルーズの貸切クルージングでは、人数やご予算に合わせた最適なサイズのクルーザーで、人気のお花見スポットを巡ることができます。

 

コースとしてはお台場や隅田川、目黒川や浜離宮、大岡川といった人気のスポットがあり、2時間ほどの周遊が楽しめます。

隅田川を北上すれば目の前にスカイツリー、川岸には満開の桜が並び特別な空間になること間違いなしです。

 

レインボーブリッジを通過して目黒川へ進むコースでは、川を覆うように咲く桜がトンネルのようで、陸上から見る桜とは一味違った姿を見せてくれます。

 

料理はビュッフェやフィンガーフード、BBQまでご希望に応じて幅広く対応しております。

 

また、オプションで寿司職人同船のプランを選べば、握りたてのおいしいお寿司を堪能しながら春らしく日本酒を飲み、桜を眺める、といったことも可能です。

 

船内は冷暖房完備で肌寒い日にも暖かく、トイレもあるためお子様連れの方でも安心してお過ごしいただけます。

夜間の運行もありますので、街の夜景とライトアップされた夜桜を存分に楽しむことができるでしょう。

 

面倒な場所取りやお弁当などの準備がいらず、だれにも邪魔されない貸切クルージングでのお花見は、まさに穴場スポットです。

 

関連記事

人気のクルーザー