東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

夏の夜空にはどのような星座が見える?クルージングで星を見に行こう!

流れ星

 

夏の夜は、外に出て星空を眺めてみませんか?七夕の伝説で有名なおり姫とひこ星や、2人をつなぐはくちょう座といった夏を代表する星座が見られます。明るい星なのでお子さんでも比較的見つけやすい夏の大三角と、その周りに広がるたくさんの星座をクルージングしながら海の上で探すのも良いですね。

 

 

夏の大三角の特徴とは?

 

夏の夜、東の空を見上げると明るく輝く星を3つ見つけられます。

その3つの星は「こと座のベガ」、「わし座のアルタイル」、「はくちょう座のデネブ」で、この3つの星をつなげるとできるのが夏の大三角です。

そのなかでいちばん明るい星がこと座のベガです。

1等星よりも明るい0等星と呼ばれています。そこから右下に視線をずらしていくとわし座のアルタイルが見えます。

ベガから左下の方向でやや薄暗いけれど目立つ星がはくちょう座のデネブです。

夏の大三角はかなり大きいので、空をぐるっと見渡す感じで探してみると良いでしょう。

 

日本では春から秋の終わりごろまで観測することができる夏の大三角ですが、なかでも七夕の時期から8月下旬までの間の20時から21時半ころが最も見ごろと言われています。

 

ちなみにベガとアルタイルは七夕伝説のおり姫とひこ星です。

この2つの星が天の川を挟んでいる位置にあるというのは有名な話ですね。

デネブは天の川のなかに位置します。

 

この大三角を目印にいろいろな星座を観察することもできます。

特徴が分かりやすく、誰でも簡単に見つけることができる夏の大三角をぜひ探してみてください。

 

 

周囲が暗い海ならより美しく観察できる!

 

夜の海に船

 

星を観測するには周りに建物が少なく広々とした場所が最適です。

周囲に明かりがなく静かな海の上はまさに星を見るのにおすすめです。

アニバーサリークルーズの貸切クルージングでは、さまざまなタイプのクルーザーのなかから、デッキが広めのものや2階建てで高さのあるデッキがあるものを選ぶことができ、星空を眺めながらのクルージングを思いっきり楽しむことができます。

 

シェフがその場で料理してくれるイタリアンや、職人さんが握ってくれる新鮮なお寿司、おつまみにぴったりのフィンガーフードなどご希望に応じたものをご用意し、星を見ながらおいしいディナーやお酒をたんのうしていただけます。女性に人気のカクテルやワインもあります。

 

海の上で星を見るというだけでロマンチックですが、サックスやバイオリンなどの生演奏でさらにムーディーな演出も可能です。

 

周囲に何もなく光に邪魔されることなく美しい星を眺められるのは、夜のクルージングならではです。少し早めに乗船しサンセットクルーズから楽しむのも良いですね。

 

関連記事

人気のクルーザー