東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

歓迎会の挨拶は誰に頼む?知っておきたい順番やマナー

船内にセットされたテーブルとソファ席

新年度がスタートする4月。新しい仲間を迎えるための歓迎会を行う会社も多く、幹事様は手配や準備に追われていることでしょう。

歓迎会で行う挨拶はどの役職の方にお願いするのが良いのでしょうか?会社であれば社風もありますが、ここでは一般的な歓迎会での挨拶の流れを見ていきましょう。また、ぜひともおすすめしたい、クルーザーを貸切って行う歓迎会のメリットについてもご紹介いたします。

 

 

歓迎会の挨拶を行う方の役職は?

 

乾杯している写真

 

歓迎会には、どのような挨拶が必要なのでしょうか。

歓迎会のような宴会では、挨拶をする時間が数回設けられています。

 

開会の挨拶は、幹事役の方や司会進行役の方が簡単に行いますが、その次に最初の挨拶として役職の方が挨拶をするのが一般的な流れです。

 

ここでいう役職の方とは、その宴会のなかで最も上の役職。

会社全体での宴会の場合は社長や会長に挨拶をお願いし、部で行う場合は部長に挨拶をお願いすることになります。

 

最初の挨拶が終わった後に乾杯の音頭が入ります。

挨拶をした方にそのまま乾杯の音頭を取ってもらうケースも多いですが、別の方に依頼する場合は参加者のなかで2番目、3番目に上の役職の方にお願いしましょう。

 

そして、歓談の時間を締めくくる挨拶。

こちらも乾杯時と同様、参加者のなかで2番目、3番目に上の役職の方にお願いすることが一般的です。

勤続年数の最も長い方にお願いする場合もあります。

 

宴会の挨拶に決められたルールがあるわけではありませんので、社風や慣例がある場合はそれに従うようにし、挨拶のお願いは失礼のないよう事前にきちんと依頼しておくようにしましょう。

 

 

クルーザーを貸切るとたくさんのメリットがある!

 

クルーザーの写真

 

歓迎会を行うにあたって、悩みとなるのは場所選びです。

歓迎会が行われるのは新年度が始まる4月ごろになりますが、その時期はどこの宴会会場も予約で埋まっていることも多いでしょう。

 

このような状況のなか、予約さえできればという気持ちで安易に予約してしまった結果、会場も料理もイマイチではせっかくの歓迎会も台無しです。

参加者全員が楽しめる会場と、クオリティの高い料理の両方を実現できる会場を見つけるというのも、幹事様にとってはとても苦労することでしょう。

 

そこで、料理も景色も演出も、満足のいくものにしたいという方におすすめなのが、クルージングでの歓迎会です。

 

貸切クルーザーというと予算的に難しいのではないかと考える方も多いですが、クルーザーの規模によっては、会場を貸切る金額とほぼ変わらない料金で宴会を行えます。

 

アニバーサリークルーズでは、料理や飲み物もバラエティーに富んだメニューを取りそろえており、もちろんどれも本格的な料理ばかりです。

女性が喜ぶデザートビュッフェやフルーツ盛り合わせといったオプションメニューもあり、料理と組み合わせてオーダーできます。

 

また、マジシャンやダンサーなど、各種パフォーマーの演出も利用することができます。

料理から演出まで一度に手配ができるのは、クルージング歓迎会の魅力です。

 

都会の美しい夜景に囲まれた空間は、新任者を歓迎するのにも親交を深めるのにもぴったり。

貸切クルージングを利用して、参加者全員で楽しめる歓迎会を企画してみてはいかがでしょうか。

経験豊富なスタッフが希望に合わせてプランニングいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

関連記事

人気のクルーザー