東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

【2020年版】みなとみらいスマートフェスティバル花火を楽しむ方法

たくさんの人で賑わっている花火大会

みなとみらいスマートフェスティバルは市民と地元企業の連携をテーマに、横浜の魅力を発信する目的で開催されています。このイベントの目玉として人気なのが、約2万発が打ち上がる盛大な花火ショーです。
今回は、みなとみらいスマートフェスティバルの花火を思いきり楽しむ方法について詳しくお伝えします。

 

 

みなとみらいスマートフェスティバルとは?

 

みなとみらいスマートフェスティバルは2018年から始まった花火大会。

地元市民と企業とで培ってきた『連携』をテーマにし、IoTをはじめとする先端技術・環境・音楽とアートをコラボレーションさせたイベントです。

歴史はまだ浅いですが、「神奈川新聞花火大会」に代わる花火大会として注目を集めています。 

 

昨年は8月2日(金)に開催されました。

時間は18時30分から20時で、開場は少し早めの16時。

時間が来るのを待ちながら、のんびりとみなとみらいの景色を満喫できるのも、スマートフェスティバルの楽しみのひとつです。

 

会場は臨港パークと耐震バースの2か所で、パイプ椅子が用意されているエリアと、専用のシートを使ってくつろげる芝生エリアの2種類があります。

会場は全エリアが有料となっており、入場チケットが必要。

2019年は有料会場だけで約24,000人と多くの方が訪れたため、早めにチケットを入手しておくと安心です。

 

例年、新しい演出と迫力満点の花火で、多くの観客を楽しませてくれるみなとみらいスマートフェスティバルですが、2020年は残念ながら中止が発表されました。

2021年にはさらに新しい、この花火大会でしか楽しめない演出が見られることを期待したいですね。

 

 

みなとみらいスマートフェスティバルの見どころはココ!

 

花火が爆発する瞬間

 

みなとみらいスマートフェスティバルの見どころといえば、音楽と花火のコラボレーション。

2019年は、世界で活躍中の和楽器ユニット「AUN J クラシック・オーケストラ」による和楽器演奏と、約20,000万発もの鮮やかな打ち上げ花火の二部構成で行われました。

 

和楽器演奏でのオープニングから始まり、音楽に合わせた盛大な花火ショーで締めくくる、今までにない演出で驚きと感動の連続です。

25分間にわたり夜空を彩る迫力満点の花火は見ごたえ抜群。

短時間で間髪入れず打ち上がる花火に、息をのむばかりです。

 

新しい演出と大迫力の花火、そしてみなとみらいの夜景のコラボレーションを楽しみましょう!

 

 

 みなとみらいスマートフェスティバルの穴場スポットは?

 

横浜の魅力ある夜景

 

過去2回の開催が盛況だったこともあり、次回の開催もやはり混雑が予想されます。

穴場スポットとしては赤レンガ倉庫やぷかり桟橋があげられますが、それでも周囲には人がいるため、ゆっくりと花火観賞ができるとは限りません。

 

そこで混雑を避けて花火を楽しみたい方には、貸切クルーザーがおすすめ。

船上からの花火は遮るものがないうえに、周りを気にせずゆったりと食事もできる最高の穴場です。

 

アニバーサリークルーズでは、2名~600名と幅広い人数に対応した船をご用意。

大人数ではもちろん、カップルや家族で楽しみたい方でも貸切可能です。

 

BBQプランもあるので、肉厚のステーキや新鮮な魚介類に舌鼓を打ちながら、花火を観賞してみてはいかがでしょうか。

 

残念ながら2020年は中止となってしまいましたが、2021年の開催が今から楽しみです。

みなとみらいスマートフェスティバルをより特別なイベントに演出できるクルージング。

ぜひアニバーサリークルーズにお任せください。

 

 

新型コロナウイルス感染症についての対策

 

弊社ではみなさまに安心してご乗船いただけるよう、新型コロナウイルス感染症への対策として衛生管理の強化・徹底を行っております。


コロナウイルスに対する対策はこちらをご覧ください。

 

関連記事

人気のクルーザー