東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

屋形船は和服が良い?最近の傾向をチェック!

浴衣を着た女性の黄色の帯

屋形船での宴会というと、どのような服装で参加したら良いのか……難しいところです。

夏なら浴衣を着て、冬は和服でしょうか……?しかし、和服は着付けも必要なので、何かと手間がかかってしまいます。では、一体どのような服装で屋形船に乗れば良いのでしょうか。

 

 

和服以外で決める屋形船コーデ

 

ピンク色の化粧道具

 

最近では、クルージングを低予算で楽しめるところも多くなり、忘年会や納涼会といった年中行事の会場としても利用されるようになってきました。

そのため、かしこまった服装をする必要はなく、カジュアルでも利用しやすくなっています。

 

宴会の際、みなさんはどのような服装で参加されますか?

きっと、いつもより少しオシャレを意識した服装で出掛けるのではないでしょうか。

 

屋形船で宴会が行われる場合も、そのような服装を意識しておけば問題ないです。

パーティに出掛けるときのようなドレスを用意する必要はありません。具体的には、男女ともに襟付きのシャツやジャケットといったような服装で大丈夫です。

 

 

オシャレさだけでなく機能面も重視して!

 

クルーザーが通ったあとにできる波

 

女性の場合、スカートやワンピースを着ていくのであれば、裾がタイトなものがおすすめです。

フレアスカートは、船のデッキに出た際に風でめくれ上がってしまうことがあります。

 

また、水辺なので、冬でも夏でも陸地よりも体感温度が少々低いということも考慮しなければなりません。ボレロやジャケットなど、体温調整のできるものを念のために用意しておくと安心です。

 

締めつけるような服装は、船酔いの原因になりますので注意が必要です。

よくありがちなのが、寒さ対策のために何枚も着こんでしまい、体を締め付けてしまうことです。

船酔いが心配な方は、ゆったりとした服装で参加されるか、あらかじめ酔い止め薬を飲んでおきましょう。

 

冬の場合、デッキに出る際には、寒さなどに注意が必要ですが、室内には空調も完備されているので、夏も冬も快適に過ごすことができます。

 

関連記事

人気のクルーザー