東京湾・横浜港・千葉での貸切クルージングは ”忘れられない記念日” 創りをサポートするアニバーサリークルーズへ

24時間受付・出航中!

03-6809-6455

お見積・お問い合わせ

MENU

働く家族をねぎらおう!勤労感謝の日は家族みんなでクルージング!

停泊している中型クルーザー

 

11月23日は勤労感謝の日です。いつもがんばって働いてくれている家族たちと、互いの労をねぎらうのに絶好の機会だと言えるでしょう。今回は、勤労感謝の日の本当の意味や、家族みんなで楽しいクルージングが楽しめるプランについて紹介していきます。

 

 

勤労感謝の日とは?

 

どうして11月23日が勤労感謝の日とされて祝日になったのかご存じない方も多いと思います。

その理由について、簡単に説明をしていきましょう。

 

戦前まで11月23日は、「新嘗祭」という式典が毎年行われていました。

「新嘗祭」とは農作物の収穫を祝う行事で、毎年天皇陛下が神々に対してその年に収穫した新穀を捧げるという宮廷行事のひとつでありました。

 

しかし戦後、アメリカの支配下に置かれたことで、天皇が象徴という位置づけになったことから、天皇の私的な行事と思われていた「新嘗祭」を、これまでと同様に国民の祝日として存続することが難しくなったのです。

 

そして、その代わりに生まれたのが現在の勤労感謝の日で、これはアメリカに昔からある感謝祭という祝日にならったものだと言われています。

 

 

家族へ感謝を伝えるクルージング

 

船内に並べられた料理

 

勤労感謝の日というと、働いている人に感謝をする日だと思われがちですが、本来の意味としては、働いたことによって得られた恵みに対して感謝をする日なのです。

恵みというのは農作物に限らず、すべての労働に対する成果を表します。

 

つまり、会社でがんばっているサラリーマンのお父さんや、毎日家事をしてくれているお母さんの労をねぎらうために、家族それぞれが感謝の思いを伝え合うことが大切だと言えるでしょう。

 

そのようなお祝いをする場所として、アニバーサリークルーズの豪華クルーザーはいかがでしょうか。

家族だけで貸切ができるクルーザーはプライベート感満載で、きっと家族の絆も深まるはずです。

11月は紅葉シーズン真っ盛りですが、船上から眺める紅葉は、これまでとはひと味違った幻想的な光景を体験できます。

 

家族の大切な思い出の1ページとして、ぜひアニバーサリークルーズのクルージングプランをご利用ください。

 

関連記事

人気のクルーザー